日頃より、北海道民族学会の活動にご支援、ご協力をいただき誠にありがとうございます。
2024年度第1回研究会・総会を下記の日時・会場で行うこととなりました。
多くの会員の皆様のご参加をお待ちしております。
 
■開催日時:2024年6月22日(土)13:00~16:30(予定)
 
■主催:北海道民族学会・北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター
 
■会場:北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター 4階403大会議室
   〒060-0809 札幌市北区北9条西7丁目
会場地図:https://src-h.slav.hokudai.ac.jp/center/srcmap-j3.html
※本会についてはオンライン方式も併用して実施します。
オンラインでの参加を希望される方は、お名前、電話番号、メールアドレスを記入の上、6/15までに電子メールで学会事務局(E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。)にお申し込みください。
 
【プログラム】
■研究会(13:00-)
開会あいさつ   北海道民族学会 平田昌弘会長
 
研究発表
(1)野口泰弥さん(国立民族学博物館/助教)(13:05-13:35)
「アラスカ先住民ヒップホップにみる「抵抗」と「ケア」:先住民ラッパーAK Rebel の活動を事例に」
 本発表ではアラスカ州固有の歴史的文脈と社会状況を踏まえた上で、アラスカ先住民ラップの特徴を考察する。1971年のアラスカ先住民権益処理法の制定は先住民社会の抱える諸問題の改善に寄与したものの、アラスカ先住民社会は現在も高い自殺率やアルコール依存率という問題を抱えており、その背後には植民地主義に起因する歴史的トラウマがあるとされている。本発表では発表者がインタビューを行ったAK Rebelの音楽を分析することで、ラップが植民地主義的言説への抵抗と、トラウマのケアという二つの機能を持っていることを指摘する。
 
(2)グルコフスキー・アレクサンダーさん(北海道大学大学院文学院/博士後期課程)(13:35-14:05)
「古代「エミシ」の社会構造」
 「エミシ」とは、7~11世紀に日本国家で形成され、正史に記録されている北東北の集団の呼称である。40年間以上、「エミシ」の起源やアイヌ・和人との関連に関する議論が続けられている。歴史・考古学的な研究には、実際の集団を軽視し、「エミシ」が政治的な現象として扱われているという問題がある。本発表では、社会学や文化人類学の理論により、「エミシ」と関連する7~8世紀における北東北の社会構造の形成について検討したい。 
〈休憩〉(14:05-14:20)
 
(3)梅木 佳代さん(北海道大学大学院文学研究院 博物館学研究室/専門研究員)(14:20-14:50)
「キツネか?イヌか?オオカミか?:アイヌ絵に描かれたイヌ科動物の検討」
 かつて北海道に生息したエゾオオカミは明治期に絶滅したとされる。絶滅以前のエゾオオカミと人々の関わり、また野生動物としてのエゾオオカミの外見的な特徴についてはわかっていないことが多く、現存する資料を用いた実態解明を目指す必要がある。本発表では、西川北洋による「明治初期アイヌ風俗図巻」(函館市中央図書館蔵)の「アツシ織り」図中に描かれた動物を議論の中心としながら、(1)アイヌ絵に描かれたイヌ科動物の同定方法の検討、および(2)描写された場面から読み取れる人との関係性の考察に取り組む。
 
(4)野口明広さん(14:50-15:20)
「文化とヒューマニズム:構造とエージェンシーの統合を視野に入れた研究に向けて」
 本発表では、90年代にパラグアイで実施した日本人移住者の事例研究に対して、E.P. ThompsonやAlthusserの理論を参照して再検討し、人間の生存を支え拘束する諸条件(構造)とそれを改変しようとするエージェンシーのあり方について考察する。
 
※上記の時刻は目安です。
・発表時間は30分(発表20分、質疑10分)とし、進行状況に応じて適宜休憩を入れることとします。
・研究発表で画像・動画・音声等を使用する際、著作権、肖像権等については発表者の責任で対処してください。(著作権、肖像権等について問題が生じる可能性があると判断した場合は、事前に事務局にご相談ください。)
 
〈休憩〉(15:20-15:30)
 
■総会・学会賞表彰式(15:30~16:30)
・総会:2023年度決算報告、2024年度予算案 ほか
・学会賞受賞者発表・表彰式
 
以上
 
-- 
北海道民族学会事務局(中田)
〒093-0042 網走市字潮見309-1
北海道立北方民族博物館 気付
E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
学会HP http://hes.official.jp/index.php

 

今年も学会賞募集の時期となりました。推薦者(自薦も可)は受賞候補者届出書

(学会ホームページ((http://hes.official.jp/index.php/info000/info06

からダウンロードしてください)に記入の上、2024515日(水)までに事務局へメールまたは郵送でお知らせ下さい。

 

 すでに『北海道民族学』第20号が皆さんのお手元に届いていることと思います。これまでの学会員の活動や第20号に掲載された論文なども参照いただき、ぜひ推薦(自推を含む)下さい。

 

 応募者につきましては、運営委員会内部の審査委員会で厳正な審査を行い、結果は、HPおよびメール等で通知します。

 また、2024年度春の研究会で授賞式をおこなう予定です。

 学会賞の詳細につきましては、『北海道民族学』、または学会HPに掲載されている学会賞規定をご覧ください。

 

--

北海道民族学会事務局(中田)

093-0042 網走市字潮見309-1

北海道立北方民族博物館 気付

E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

学会HP http://hes.official.jp/index.php

 

 
 

日頃より、北海道民族学会の活動にご支援、ご協力をいただき誠にありがとう

ございます。

 

さて、2024年度第1回研究会・総会を下記の日時で行うこととなりました。

つきましては、当日の研究発表を募集いたします。会員の皆様方の積極的なご

参加・ご発表をお待ちしております。

 

■開催日時:2024年6月22日(土)13:00~17:00(予定)

 

■会場:北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター(予定)

〒060-0809 札幌市北区北9条西7丁目

※なお、本会についてはオンライン方式も併用して実施します。

 

■共催:北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター(予定)

 

■研究発表の募集

研究発表ご希望の方は、発表題目と要旨(200字程度)を添えて、学会事務局

(下記)までE-mail(このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。)、郵便のいずれかでご連絡

願います。

郵便の場合は必ず表面に「北海道民族学会事務局」(中田篤宛)を明記してく

ださい。

〈締切:2024年4月19日(金)17:00〉

 

・発表時間は質疑応答を含め、一人30分程度が目安です(発表者数により増減

することがあります)。

 

・発表希望者が多数の場合は事務局で検討し、人数を調整することがあります。

その際、初めて発表される方、前回・前々回発表されていない方を優先すること

がありますので、ご了承願います。

 

・研究発表で画像・動画・音声等を使用する際、著作権、肖像権等については

発表者の責任で対処してください。

(著作権、肖像権等について問題が生じる可能性があると判断した場合は、事

前に事務局にご相談ください。)

 

*発表を希望する方は、2024年度の学会費(3000円)を納入していることが条

件となります。

 

会費の納入につきまして、詳細は学会ホームページ(http://hes.official.jp/index.php)より「会費」にお進みください。

 

発表者決定後、研究発表の順番・時間を正式に決定し、後日改めてお知らせい

たします。

 

-- 

北海道民族学会事務局(中田)

〒093-0042 網走市字潮見309-1

北海道立北方民族博物館 気付

E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

学会HP http://hes.official.jp/index.php

この程、北海道民族学会が日本学術会議・協力学術研究団体に認定されました。
 
 
ここ2年ほどかけて日本学術会議・協力学術研究団体への加盟申請について、運営委員会で協議してきました。
2023年11月に申請を行ったところ、 2024年3月25日付けで認定されたとの報告を日本学術会議から受けました。
 
 
日本学術会議の情報は
 
 
をご覧ください。
 
北海道民族学会が加盟したことは
 
 
に記載されています。
 
 
今後は、日本学術会議からのニュースや各種連絡が年に数回ほど入るかと思います。その都度、事務局から情報をMLにて共有させて頂きます。
また、シンポジウムや企画展などを開催する場合、協力が得られることかと思います。
我々としては、学術情報を得るとともに、今後の学会の活動にうまく連携していければと願っています。
皆さんの方で、イベントやシンポジウムなど色んな企画をお持ちかと思います。今後とも、積極的にご提案いただければと思います。
 
引き続き、学会の活動では、よろしくお願いいたします。
 
 
北海道民族学会
会長 平田 昌弘

 

 
 
 
 
 

 

日頃より、北海道民族学会の活動にご支援、ご協力をいただき誠にありがとうございます。

2023年度 第2回研究会を下記の日時・会場・プログラムで行います。

多くの会員の皆様のご参加をお待ちしております。←終了しました。

□開催日時:2023年10月7日(土)13:00~17:30 研究会
         10月8日(日)9:00~(午前中) エクスカーション

□主催:北海道民族学会・名寄市立大学(予定)

□会場:名寄市立大学 図書館1階 ラーニングコモンズ(プレゼンテーションスペース)
        〒096-8641 名寄市西4条北8丁目1
アクセス:https://www.nayoro.ac.jp/website/index.html
・JR名寄駅から大学キャンパスまで
路線バス利用の場合
 西まわりバス バス停:【名寄駅前】 → 【名寄市立大学前】
 所要時間:約10分   運賃:大人150円・小人80円

*自家用車での来場可(無料駐車場あり)

**図書館棟の1階(B&G横の南側玄関)から入り、左手図書館入口の自動ドアより会場にお越しください。

 

【プログラム】
[10月7日(土)]
□研究会(13:00~17:30)
■開会あいさつ(13:00~)
 北海道民族学会 平田昌弘 会長

■特別講演(13:10~14:10)
「名寄・ナイブチ給与地について」   講師:鈴木邦輝さん(名寄市史編さん室)

■研究発表(14:20~17:10)
(1)落合いずみさん(帯広畜産大学/准教授)(14:20-14:50)
「アイヌ語地名「十勝」の由来」
アイヌ語地名「十勝」(tokapci)の語源についてはtokap「乳」に由来するなど諸説あるが、有力な説は未だ提案されていない。本発表は地名tokapciはto「沼」、ka「上」、peci「川」に分けられ、「沼のほとりの川」という意味であったと考える。「川」を表す形式は近代アイヌ語においてpetであるが、地名to-ka-peciではpeciという形式である。これは落合(2021)がアイヌ祖語における「川」の形式を*peti(のちにpeciと口蓋化する)と再建したことに拠る。また地名to-ka-peciにおいて、peci「川」の第一音節母音eが脱落するという変化が起き、to-ka-pciになった。

(2)元広修爾さん(北海道大学大学院文学院博士後期課程)(14:50-15:20)
「環境講座のエスノグラフィー~公・民講座の比較から自治体のロジックモデルを改善する試み~」
自治体やNPOは、身近な学びの場として市民のための環境講座を提供している。発表者は、2017年から2022年まで、自治体職員として行政の講座に携わりながら、研究者としてNPOの講座に参与した。本報告では、人類学のミクロな視点から両講座のひと−ものの関係を読み解き、特性比較を行う。行政の講座は、ロジックモデルにより市民の環境配慮行動の持続と社会的波及を企図する。成功例にはNPOの講座における関係性との類似、失敗例には差異が見られる。類似と差異に着目してロジックモデルの改善提案を試みたい。

(3)シン ウォンジさん(国立アイヌ民族博物館/アソシエイトフェロー)(15:20-15:50)「17世紀蝦夷地に漂着した朝鮮人関連記録の成立―松前藩の記録を中心に―」
1696年礼文島に8人の朝鮮人が漂着した。彼らは宗谷に渡り、南下の途中に和人と出会い、松前藩や幕府により松前、江戸、対馬等を経由して翌年送還された。本件に関する松前藩の記録として『漂流朝鮮人李先達呈辞』や『福山秘府』、『松前家記』が伝わっており、これらは現存しない『朝鮮人漂着部』を基に各々目的に合わせ抜粋した記録である可能性がある。本発表では、松前藩の各記録の位置づけを行い、『朝鮮人漂着部』の内容を推定する。

〈休憩〉(15:50-16:10)

(4)日下稜さん(北海道大学低温科学研究所/学術研究員)(16:10-16:40)
「「1972-1973年、野外民族博物館リトルワールド、「グリーンランド・エスキモーの民族誌的資料収集と調査」の背景と意義」
1972年、野外民族博物館リトルワールドの開館を前に大島育雄が「グリーンランド・エスキモーの民族誌的資料収集と調査」を目的としてグリーンランド、シオラパルクへ派遣された。一部の資料は現在も展示されているが、その他、収集の際に大島が書き残した未発表の資料や書簡、写真等が、リトルワールドおよび本人の下に残されていることが分かった。これらの資料と本人への聞き取りを基に収集の背景を探り、コレクションの意義を考察する。

(5)長尾優花さん(北北海道大学大学院文学院アイヌ・先住民学研究室/修士課程)(16:40-17:10)
「アイヌ神謡における折節と本文の音楽的関係」
アイヌ神謡の多くには、折節と呼ばれる句(折り返し句とも呼ばれる。アイヌ語ではサケヘ、サハという。)が挿入される。折節に関する音楽的研究では、折節は本文の旋律を規定し、神謡全体の旋律を規定しうるという重要な役割をもつとされてきた。本発表では、先行研究をふまえ、折節のもつ拍数と音節数によって本文の旋律がどのように規定されるか、またはされないのか、折節と本文の音楽的な関わりについて検討していく。 

※上記の時刻は目安です。
※発表時間は30分(発表20分、質疑10分)程度とし、進行状況に応じて適宜休憩を入れます。

[10月8日(日)]
■エクスカーション(9:00~):名寄市北国博物館(予定) 観覧料220円
【申し込み】 エクスカーションへの参加をご希望の方は、事前に事務局にお申し込みください。

-- 
北海道民族学会事務局(中田)
〒093-0042 網走市字潮見309-1
北海道立北方民族博物館 気付
E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
学会HP http://hes.official.jp/index.php