「北大とアイヌ」を考える連続学習会・第五回 (オンライン学習会)

 

日時:2020年7月31日(金)18:15-20:15
タイトル:大学と先住民族との関係および研究倫理のあり方:カナダ・ユーコンの事例に学ぶこと
話題提供者:葛西奈津子、山口未花子、小田博志

プロフィール
葛西奈津子:京都大学大学院人間・環境学博士後期課程単位取得満期退学。北海道大学CoSTEP特任准教授、客員准教授を経て、2019 年カナダ・ユーコンカレッジHeritage & Culture program修了、 2020年3月まで、同カレッジ附属Yukon Research Center / Northern Climate
Exchange部門の研究助手として勤務。
山口未花子:北海道大学大学院文学研究院准教授。カナダ・ユーコン準州の先住民と動物の関係についてフィールドワークを続けている。著書に『ヘラジカの贈り物』春風社など。
小田博志:北海道大学大学院文学研究院教授。ドイツにおける草の根の平和と和解、ペルー・アンデスの先住民族の生業について調べている。著書に『平和の人類学』法律文化社など。

内容:北大とアイヌ民族との関係を考え、よりよいものに変えていくために、海外の事例に学び、それをここ北海道の現場に活かすことも有益である。今回は、カナダのユーコン準州における、先住民族とユーコン大学との共働のプロジェクトやカリキュラム、ならびにカナダ・ユーコンにおける先住民族の視点を踏まえた研究倫理について、3名の話題提供者より報告を行い、それをこの北海道の地で、先住民族とともにある大学の組織、カリキュラムの立案、遺骨返還の実現、大学の謝罪、研究倫理の実質化、先住権の回復、ひいては脱植民地化にどう活かすことができるか、また問題点は何かなどをディスカッションしたい。

※話題提供者の止むを得ない事情で急きょ日程変更になる可能性もございます。予めご承知おきください。
参加⽅法:zoom(ウェブ会議システム)で⾏います
参加申し込みが必要です。以下から登録をお願いします。
https://zoom.us/meeting/register/tJEvf-qhqTwpGNcvIW0_8IAQWpmZsQC6MbsV

共催: 「北大とアイヌ」を考える会/科研費基盤研究(C)「脱植民地化過程の中の遺骨返還と人類学者の公共的役割」
※「北大とアイヌ」を考える会は、北大が研究目的で各地から集めたアイヌ遺骨・副葬品の収集経緯、保管・管理体制、そしてその後のご遺族への対応に、どのような問題があったのか、また、北海道大学を構成する一員として私たちはこれらの問題にどう向き合ってゆけばよいのかなどを、所属や立場を超えて対話し、共に考える、北海道大学教員有志が運営する会です。
https://sites.google.com/view/ikotsumondai-kensyou/北大とアイヌを考える会

お問い合わせ:小田(このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。), 山口(このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。)

「北大とアイヌ」を考える連続学習会・第三回 (オンライン学習会)

日時:5/24 (日)13:30~15:00


タイトル:遺骨返還当事者が研究者に求めること
話題提供者: 橋本隆行さん
プロフィール:新冠・上貫気別にルーツを持つアイヌ。5代前の先祖は墓を掘ら
れ、北大に遺骨を回収されている。返還の実現にはまだ大きな課題が立ちはだか
っている。

内容
 2016年9月、北海道大学は保管しているアイヌの遺骨について、個人の特定が
できるものを遺族に返還する取り組みを始めました。しかし、遺族であればどな
たでも返還を受けられるわけではなく、北大は返還する対象を祭祀承継者(日本
の民法で定める祖先の祭祀を主宰すべき者)と決めました。何世代も前のご先祖
様との関係性を証明することは簡単ではありません。そして、その証明の過程で、
今まで閉ざし続けてきた過去に向き合うことになります。
 4年余をかけ、それ(祭祀承継者であること)を証明し現在まで至りました。
ここまでの間に、私なりに見えてきた様々な課題・問題を提示し、研究者の皆さ
まに是非、この問題の「当事者」になっていただきたいと思います。

参加方法: zoom(ウェブ会議システム)で行います
事前の参加申し込みが必要です。以下から登録をお願いします。
  https://zoom.us/meeting/register/tJwsceygrj8jEtUIGfPGv62uoX7FaBnnUOhx

共催: 「北大とアイヌ」を考える会/科研費 基盤研究(C)「脱植民地化過程
の中の遺骨返還と人類学者の公共的役割」
※「北大とアイヌ」を考える会(仮称)は、北大が研究目的で各地から集めたア
イヌ遺骨・副葬品の収集経緯、保管・管理体制、そしてその後のご遺族への対応
に、どのような問題があったのか、また、北海道大学を構成する一員として私た
ちはこれらの問題にどう向き合ってゆけばよいのかなどを、所属や立場を超えて
対話し、共に考える、北海道大学教員有志が運営する会です。
お問い合わせ:安部由起子 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
                小田博志 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

たびたびすみませんn

ごめいわくをおかけしてもうしわけありませn

平成30年度アイヌ文化財専門職員等研修会実施要項(道民カレッジ連携講座)

道教委が主催する「平成30年度アイヌ文化財等専門職員研修会」が、1月23日(水)に開催されます。
教育関係者、アイヌ文化に関係することを取り扱う職務に従事するかた、学習・伝承に関わっているかたなどにも拡散周知下さい。
この3名の講義を一度に聞けて受講料無料。かなりおススメです。
申込み期限:2019年1月15日

情報提供:北海道博物館 甲地利恵


1 目的
アイヌ文化財の価値や魅力を次代に伝え継承していくため、アイヌ文化に関連する文化財保護に携わる専門職員などを対象に、アイヌ文化財の保存・活用のための研修を行い、職員等の資質向上を図る。
2 日時
 平成31年1月23日(水)(受付 13:00〜、研修会13:30〜17:00)
3 会場
 北海道庁赤れんが庁舎2階1号会議室(札幌市中央区北3条西6丁目)
4 主催
 北海道教育委員会
5 日程・研修内容等
    テーマ:アイヌ文化を理解し、伝えるために
13:00 受付
13:30 開会
13:40 講演㈵「好意か偏見か−アイヌ文化紹介・教育のあり方とは」北海道大学アイヌ・先住民研究センター 准教授  北原 次郎太
14:40 休憩
14:50 講演㈼「博物館展示とアイヌ語」札幌学院大学 人文学部人間科学科 教授 奥田 統己
15:50 休憩
16:00 講演㈽「カムイと人をつなぐ「もの」」 国立アイヌ民族博物館設立準備室 調査官 内田 祐一
17:00 閉会
6 受講対象者
(1) 市町村教育委員会等の文化財専門職員
(2) (1)以外の文化財保護行政担当職員
(3) アイヌの人たちの歴史・文化に関する教育を担当する教育職員
(4) アイヌ文化を学習している方々
7 受講定員
   90名程度
8 受講料
 無料
9 受講申込
 次の申込先に事前の申込みが必要
(申込先)北海道教育庁 文化財・博物館課 文化財保護グループ 電話番号:011-204-5749 FAX番号:011-232-1076