【2021年度 北海道民族学会第1回研究会・総会プログラム】→終了しました

■開催日時:2021年6月27日(日) 13:30~16:30(予定)

■実施方法:オンライン(ZOOMミーティング)

   ※学会員以外で参加を希望される方は、6月25日(金)正午までに事前申し込みが必要です(参加無料)。

    下記学会事務局まで、氏名・連絡先を添えて電子メールでお申し込みください。

    折り返し、ミーティングIDなどをお知らせします。

      申込先:北海道民族学会事務局(中田)   E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

■研究会(13:30-15:10)

開会あいさつ   北海道民族学会 平田昌弘会長

研究発表

(1)落合いずみさん(室蘭工業大学/講師)

(13:40-14:10)

「日本語北奧方言からアイヌ語への「猫」の借用について」

 「猫」は日本語北奧方言でチャペといい、アイヌ語北海道方言でもチャペという。アイヌ語から北奧方言入った説や、その逆の説が唱えられてきたが、本稿は以下の二点から、北奧方言からアイヌ語に借用されたと主張する。まず、アイヌ語のcapeはアクセントが、アイヌ語の本来的な語に期待される位置(ここでは第二音節)に現れず、第一音節に現れる。次に、アイヌ語樺太方言では、「猫」はロシア語の形式を借用する。これら二点が猫を指す語の外来的由来を示唆するためアイヌ語におけるチャペは北奧方言からの借用語である。

(2)梅木佳代さん(北海道大学大学院文学研究院 博物館学研究室/専門研究員)

(14:10-14:40)

「近代北海道においてオオカミに向けられた態度と認識」

 かつて北海道に生息したエゾオオカミは害獣として駆除の対象とされ、明治時代に絶滅した。本発表では、オオカミと実際に遭遇した人々の反応や対応を事例として集約し、当時の基本的なオオカミ観について分析を行う。とくにオオカミとの遭遇時に人身・家畜被害を想定して防衛や被害防除のための行動をとっていたのか、益獣あるいは無害な存在とみなして特別な対応を必要としなかったのかという2つの軸を設けて全体の傾向を整理した。さらに本州以南の事例との比較を通して、近代北海道における人とオオカミの関係性の特質について考察する。

(3)蟬塚咲衣さん(北海学園大学大学院文学研究科日本文化専攻/修士課程2年)

(14:40-15:10)

「地域間交流による民俗文化の存続とその効果」

 少子高齢化や人口減少による担い手不足の問題を抱える地域や、被災地において、文化や芸能の存続の鍵を握るのは、地域外の団体の存在や技術協力といった支援であった。本研究では、「寿都松前神楽保存会」と奥尻島との文化交流と、「さっぽろ人形浄瑠璃芝居あしり座」による福島県への被災地支援活動という2つの事例を紹介し、これらの交流が支援側と被支援側の双方にもたらす効果について検討する。

※上記の時刻は目安です。

※発表時間は30分(発表20分、質疑10分)とし、進行状況に応じて適宜休憩を入れることとします。

〈休憩〉(15:10~15:30)

■総会・学会賞表彰式(15:30~16:30)

・総会:2020年度決算報告、2021年度予算案 ほか

・学会賞受賞者発表・表彰式

※今回の研究会・総会はZOOMを利用したオンライン形式で開催します。参加の際には、次の点にご留意ください。

・マイクおよびビデオは「OFF」のままにして参加する。

・研究・総会ともに質疑の際には、「チャット」による文字質問もしくは「マイク」による口頭質問でおこなう(マイクを使用する際には、マイクおよびビデオを「ON」にする)。

・総会の際、議案に対する賛否を表明する際には「反応」を使用する(賛成の場合にのみ「反応」ボタンを押すこととする)。

・発表の録画・録音、発表画面のキャプチャ(スクリーンショット)などをおこなわない。

以上

 日頃より、北海道民族学会の活動にご支援、ご協力をいただき誠にありがとうございます。

 さて、2021年度第1回研究会・総会を下記の日時で行うこととなりました。つきましては、当日の研究発表を募集いたします。会員の皆様方の積極的なご参加・ご発表をお待ちしております。

※新型コロナウイルスの感染拡大により、様々な催しが影響を受けております。現時点で当学会の研究会・総会の実施方法は未定ですが、対面またはオンラインいずれかの方法で開催いたします。実施方法が決定しましたら速やかにお知らせしますので、ご了承ください。

■開催日時: 2021年6月27日(日) 13:30~17:00(予定)

■会場と実施方法: 未 定

■研究発表の募集

 研究発表ご希望の方は、発表題目と要旨(200字程度)を添えて、学会事務局(下記)までE-mail(このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。)、郵便のいずれかでご連絡願います。

 郵便の場合は必ず表面に「北海道民族学会事務局」(中田篤宛)を明記してください。

  〈締切:2021年4月27日(火)17:00〉

・発表時間は質疑応答を含め、一人30分程度が目安です(発表者数により増減することがあります)。

・発表希望者が多数の場合は事務局で検討し、人数を調整することがあります。その際、初めて発表される方、前回・前々回発表されていない方を優先することがありますので、ご了承願います。

*発表を希望する方は、2021年度の学会費(3000円)を納入していることが条件となります。

 会費の納入につきまして、詳細は学会ホームページ(http://hes.official.jp/index.php)より「会費」にお進みください。

 発表者決定後、研究発表の順番・時間を正式に決定し、後日改めてお知らせいたします。

北海道民族学会事務局(中田)

〒093-0042 網走市字潮見309-1

北海道立北方民族博物館 気付

E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

学会HP http://hes.official.jp/index.php

北海道民族学会の皆様

 

北海道民族学会の顧問・元会長の津曲敏郎先生(享年69)におかれましては、11月7日に死去されました。

 

津曲先生は、設立当初から北海道民族学会に携わってこられ、2005年からは8年にわたり第6代会長を務められました。

津曲先生の他人を思いやる優しいお人柄、学会運営にご尽力されてこられたお姿を思いますと、悲しみにたえません。

ここに故人のご冥福を心から祈り、謹んでお知らせいたします。

なお、葬儀等は既に執り行われたとのことですので、お知らせいたします。

学会からは、皆さんのお気持ちとして、供花をお送りしました。

 

北海道民族学会

会長 平田 昌弘

北海道民族学会の皆さま

昨年度に引き続き、日本文化人類学会北海道地区研究懇談会との共催で、北海道地区の卒論・修論・博論合同発表会を開催することにいたしました。

今年度はコロナ状況を鑑みてzoomで実施いたします。ぜひ多くの方にご参加いただいて、活発な質疑応答となることを期待しております。

よろしくお願いいたします。

第2回合同発表会事務局(北大文化人類学研究室 小田)

・・・・・・・・

北海道民族学会, 日本文化人類学会北海道地区研究懇談会

第2回 卒論・修論・博論合同発表会

共催:北海道民族学会, 日本文化人類学会北海道地区研究懇談会

日時:2021年2月20日(土)10:00~17:20

Zoomミーティング

※ミーティングIDとパスコードは合同発表会事務局にお尋ねください。

第2回合同発表会事務局:北海道大学文化人類学研究室(このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

プログラム

10:00~10:10          開会挨拶・注意事項

10:10~10:40          井上 耀介(イノウエ ヨウスケ)[北海道大学文学部 文化人類学研究室]

                       「学生自治寮という共同体 ー北海道大学恵迪寮における共同生活と自治ー」(卒業論文)

10:40~11:10          今井 彩乃(イマイ アヤノ)[北海道大学文学部 文化人類学研究室]

                       「平取町に息づく「義経伝説」 ー北海道平取町「義経伝説」伝承の歴史と今」(卒業論文)

11:10~11:40          酒井 舞香(サカイ マイカ)[北海道大学文学部 文化人類学研究室]

        「「赤と黒」の応援者たち ープロサッカーチーム・コンサドーレ札幌への応援が織り成すサポーターの関係性ー」(卒業論文)

11:40~12:10          塩川純(シオカワ ジュン)[北海道大学文学部 文化人類学研究室]

                 「アイヌ語テ・アタアランギの実践」(卒業論文)

12:10~13:00          昼休み

13:00~13:30          伊田七海(イダ ナナミ)[北星学園大学短期大学部・生活創造学科]

       「韓国ドラマの魅力」(卒業論文)

13:30~14:00          柏野真那花(カシワノ マナカ)[北星学園大学短期大学部・生活創造学科]

       「辛味の感じ方の違い~日本と韓国の即席麺~」(卒業論文)

14:00~14:30         木原愛理(キハラ アイリ)[北星学園大学短期大学部・生活創造学科]

       「鳥から見えてくる人間と自然の関係」(卒業論文)

14:30~15:00          神戸歩果(コウベ ホノカ)[北星学園大学短期大学部・生活創造学科]

                    「チョコレートと人間」(卒業論文)

15:00~15:15          休 憩

15:15~15:45        番匠 美玖(バンショウ ミク)[北海道大学大学院文学院 文化人類学研究室]

                      「“オイヌ様”をめぐる人類学――武蔵御嶽神社の狼信仰に関するエスノグラフィー」(修士論文)

15:45~16:15          冼 麗珊(セン レイサン)[北海道大学大学院文学院 地域科学研究室]

                     「農村観光地における観光業と農業の共存形態に関する研究―貴州省西江鎮千戸ミャオの村を事例に」(修士論文)

16:15~16:45          譚 天儀(タン テンギ)[北海道大学大学院文学院 地域科学研究室]

                     「見えない都市中心部のウェイスト・ピッカー:山東省東営市東営区を事例に」(修士論文)

16:45~17:15          張 澤夫(チョウ タクフ)[北海道大学大学院文学院 社会学研究室]

                    「新興宗教の拡大期における入信者の主体性に関する研究―日本の「エホバの証人」を対象に―」(修士論文)

17:15~17:20          閉会挨拶

・・・・・・・

北海道民族学会の皆さま

「北大とアイヌ」を考える連続学習会のご案内を申し上げます。
目前となりますが、アイヌの当事者の声を聴く機会となります。ぜひご参加ください。

小田博志

「北大とアイヌ」を考える連続学習会・第6回(オンライン学習会)
「北大の歴史、アイヌ遺骨問題、そして謝罪について考える」
話題提供者:木村二三夫さん(平取「アイヌ遺骨」を考える会共同代表・平取アイヌ協会副会長)
司会進行:加藤博文(北海道大学アイヌ・先住民研究センター教授)

内容:
10月末に地域返還の枠組みで進められてきたアイヌ民族の祖先の遺骨が平取へ返還されることになります。
これまで大学に保管されるアイヌ民族の祖先の遺骨の返還問題について、様々な角度から意見を表明し、返還へ向けて取り組んで来られた木村二三夫氏を話題提供者にお招きし、
札幌農学校に始まるアイヌ民族の大地にたつ北海道大学の歴史と植民地主義との関わり、そこに端を発するアイヌ民族の遺骨問題と国や大学の責任や謝罪問題についてお話しいただきます。
アイヌ民族の祖先の遺骨返還をめぐっては、地域社会の中にも多様な意見と声があります。大学から返還される祖先の遺骨を迎え入れる地域コミュニティ側の声を直接うかがいたいと思います。
また後半の討論では、これまでアイヌ民族側が返還に先立ち求めてきた大学からの公的謝罪について、それを妨げるものは何か。またどのような対話によって謝罪の実現に近づけるかについて意見交換したいと思います。

日時:10月19日(月)18:30-20:00
Zoomミーティングで行います。当日18:15から接続できます。
https://zoom.us/j/9905619425?pwd=NHZjTEJVSlJXK0pubmFvV00xbk9UUT09
ミーティングID: 990 561 9425
パスコード: 206050

主催:「北大とアイヌ」を考える会
※「北大とアイヌ」を考える会は、北大が研究目的で各地から集めたアイヌ遺骨・副葬品の収集経緯、保管・管理体制、そしてその後のご遺族への対応に、どのような問題があったのか、また、北海道大学を構成する一員として私たちはこれらの問題にどう向き合ってゆけばよいのかなどを、所属や立場を超えて対話し、共に考える、北海道大学教員有志が運営する会です。
https://sites.google.com/view/ikotsumondai-kensyou/北大とアイヌを考える会
お問い合わせ:加藤博文このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。;