【2018年度 北海道民族学会第2回研究会のご案内】→ 終了しました

 日頃より、北海道民族学会の活動にご支援、ご協力をいただき誠にありがとうございます。2018年度 第2回研究会を下記の日時・会場・プログラムで行います。

 多くの皆様のご参加をお待ちしております。

■主催:北海道民族学会   共催:北海道博物館

■開催日:2018年11月24日(土)

■会場:北海道博物館 講堂(中地下階)

(〒004-0006 札幌市厚別区厚別町小野幌53-2  電話:011-898-0466)

   ※アクセス:次のページをご参照ください。http://www.hm.pref.hokkaido.lg.jp/guide/access/

【プログラム】

■総合展示室ほか観覧(11:15~)(所要時間約50分)

案内・解説:甲地利恵さん(北海道博物館アイヌ文化研究グループ・研究主幹)

 研究会参加者を対象に、北海道博物館の案内付き展示観覧をおこないます。

 観覧ご希望の方は、11:10までに研究会会場(講堂)の学会受付に集合し、観覧料をお支払いください。団体割引で一般500円・大学生200円(学生証を提示)です。ただし65歳以上の方は、年齢を確認できるものをご提示いただければ無料です。

※昼食について

・北海道博物館には、コーヒーやドーナツを販売するカフェはありますが、食堂はありません。最寄りのコンビニまで徒歩で片道約25分、近隣施設の「開拓の村」食堂まで徒歩で片道約15分かかります。

・昼食を持参した場合、食事は研究会会場(中地下階の講堂)や中2階のラウンジを利用してください。

■研究会(13:10~16:30)

○特別講演(13:15~14: 15)

「サハリンのニヴフはなぜベリー類を多用するのか? 植物相・植生から見た自然資源の利用」

 講師:水島未記さん(北海道博物館自然研究グループ・学芸主幹)

 一般に植物は哺乳類や魚類などと比べて種数が圧倒的に多く、地域による種構成の違いも大きくなる。そのため、植物資源利用に関わる文化を構成する諸要素は、動物資源と比較して地域や環境の違いによる影響をより大きく受けることが予想できる。講師はサハリンの北部に通ってニヴフ民族の植物利用文化について調査し、90種以上の植物の利用を確認した。北海道と似ているようで全く異なるサハリン北部で、ニヴフがどんな植物をどう利用してきたか、その特徴や、それがこの地域の自然環境のどのような要素からどのような影響を受けているのか、などについて報告する。

○研究発表(14:20~16:30)

(1)包海岩(バオ・ハイヤン)さん(内モンゴル科技大学・講師)(14:20-14:50)

「畜糞文化の商品開発に関する報告―内モンゴル自治区の事例を中心に」

 本研究では、内モンゴル牧畜の畜糞文化を解明するために、畜糞の名称体系とその利用体系について調査をおこなった。畜糞名称は40個、畜糞利用は48件にも及び、畜糞文化が内モンゴル牧畜の生業を根底から支えてきた重要な文化項目であることが明らかとなった。更に、これらの畜糞文化を踏まえた上で、畜糞香や畜糞石鹸の商品開発、製造、販売を実施したので報告する。

(2)佐々木理子さん(北海学園大学法学部3年)・蟬塚咲衣さん(北海学園大学人文学部3年)・稲垣森太さん(奥尻町・学芸員)・手塚薫さん(北海学園大学人文学部・教授)(14:50-15:20)

「「記憶地図」による情報の可視化」

 奥尻島では1993年に発生した北海道南西沖地震から25年が経過した。震災直後の被災地では円滑な復興支援を目的とした取り組みや調査が活発に行われる一方で、震災から復興し時間が経過した地域では、防災意識を含めた過去の記憶の風化が懸念される。

 被災地の復興支援として実践されている記憶地図を用いて、住民が持つ地域の文化や過去の災害に関する聞き取り調査を、今年8月に奥尻島谷地地区においてワークショップ形式で実施した。本研究では、その実践例を報告するとともに、記憶を呼び覚まし、視覚的に表現できる可能性と課題を考察する。

〈休憩〉(15:20~15:30)

(3)田中佑実さん(北海道大学大学院文学研究科博士後期課程)(15:30-16:00)

「フィンランドのカルシッコに見る「風習/伝統」の変遷」

 フィンランド東部から中部には、樹木に死者のイニシャルと生没年、十字架を刻む「風習/伝統」がある。そのような樹木はカルシッコと呼ばれ、生者と死者を分けると同時に結ぶ役割を持っていると考えらえていた。現在、カルシッコは終わった、または終わりつつある「風習/伝統」だとみなされているが、未だその「風習/伝統」を続ける人々はカルシッコを、そしてこの「風習/伝統」をどのように見ているのだろうか。本発表はフィールドワークでの情報をもとに、カルシッコを巡る「風習/伝統」の変遷について考察していく。

(4)山本晶絵さん(北海道大学大学院文学研究科修士課程)(16:00-16:30)

「近世蝦夷地におけるアイヌとシマフクロウの関係―『三国通覧図説』にみる「鷲嶋鴞ノ類ヲ養テ箭羽ヲ取也」の再検討を通して―」

 シマフクロウはアイヌにとって重要なカムイである。かつては北海道各地で飼育個体を対象とした送り儀礼が行われていたが、その成立背景には不明な点が多く残る。本研究では、近世蝦夷地におけるシマフクロウの認識、価値、利用の実態について明らかにする。具体的には、江戸時代の地誌・紀行文等を対象とした文献調査を行い、特にワシ類との比較という観点から、当時のアイヌとシマフクロウの関係について再検討することを試みる。

■閉会(16:30)

※お帰りには「北海道博物館」前16:47発のバス(「森林公園駅」16:52着、「新札幌」17:05着)をご利用いただけます。

■懇親会(17:30~) 会場:新札幌駅付近を予定(詳細は当日ご案内します)

学会員の皆様

 

「一般社団法人Jミルク 乳の学術連合」から、学術研究公募の案内が届きましたので、みなさんにお知らせさせていただきます。

 ①「牛乳乳製品健康科学」学術研究 
   助成金額 150万円以内/1年 
   採択件数 10件程度 

 ②「乳の社会文化」学術研究 
   助成金額 70~100万円以内/1年 
   採択件数 8件程度 

 ③「食と教育」学術研究 
   助成金額 70~100万円以内/1年 
   採択件数 8件程度 

 応募締切:12月31日(学内〆12月21日) 
 委託研究機関:1年を越えないものとする。詳細はWebからダウンロードする
 詳細は下記ホームページまで  http://m-alliance.j-milk.jp/index.htm

 応募資格は、研究機関等で学術研究を行っている研究者等(大学院生を含む)だけでなく、特定の機関等に属さない個人研究者も対象となっています。これまでの経緯から、申請書がしっかりと書かれたものでしたら、採択される可能性が高い公募と思われます。

 乳に関した調査研究を予定されていおられましたら、ぜひ応募下さい。

 

帯広畜産大学

平田 昌弘

 

総会でもお知らせしましたが、今年度第2回研究会を次の日程で開催することになりました。

日時:2018年11月24日(土)

会場:北海道博物館(札幌市厚別区厚別町小野幌53-2)

 

発表募集については、後程改めておこないます。

ぜひ参加をご検討ください。

 

***************************************
〒093-0042 網走市字潮見309-1
北海道立北方民族博物館 気付
北海道民族学会事務局
中田 篤
E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 [mailto:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。]
学会HP:http://hes.official.jp/index.php
[http://hes.official.jp/index.php]
***************************************

北海道民族学会のみさなんへ

 

この度、運営委員会で議論を重ね、北海道民族学会の投稿規定と執筆要領を2018年8月31日づけで改定いたしました。

 投稿論文は他誌に投稿していない論文であること、論文と研究ノートとの区別、著作権のことについて新たに言及し、原稿提出先のメールアドレス、引用文献の一部書式が変更されています。
 特に、これまでに投稿された論文では、引用文献の書式が執筆要領に従っていない論文が目立ちます。
 近く、論文の公募が始まりますが、会員におかれましては、今一度、ご確認願います。
投稿規定
http://hes.official.jp/index.php/info10/ac01 
執筆要項
http://hes.official.jp/index.php/info10/ac02 

引き続き、興味深い論文の投稿をお待ちしております。

北海道民族学会
会長

平田 昌弘

このたび、当学会会員の中村和之さん(函館高専)が、日本文化財科学会の第12回論文賞を受賞されました。
この論文賞は、2017年度発行の『考古学と自然科学』第73~75号に投稿された論文を対象に、学会表彰選考委員が選考したものとのことです。

受賞の対象となった論文は、第75号に中村さんと小田寛貴さん(名古屋大学宇宙地球環境研究所)の共著で発表された「加速器質量分析法による蝦夷錦の放射性炭素年代測定―「北東アジアのシルクロード」の起源を求めて―」です。

中村さんご本人によれば、本論文は「14世紀のモンゴル帝国時代に遡る可能性がある蝦夷錦の存在を指摘し、北東アジアのシルクロードの始まりを300年遡らせたもの」とのことです。

当学会会員の研究成果が評価されたということで、学会としても大変喜ばしいニュースだと思います。

おめでとうございます!

***************************************
〒093-0042 網走市字潮見309-1
北海道立北方民族博物館 気付
北海道民族学会事務局
中田 篤
E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。 [mailto:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。]
学会HP:http://hes.official.jp/index.php
[http://hes.official.jp/index.php]
***************************************