北海道民族学会 会員各位

 

 新型コロナ対策として緊急事態宣言が出される中、皆様、いかがお過ごしでしょうか。皆さんの健康が守られ、早く収束してほしいと学会としても願っております。

 

 皆さんのところに、『北海道民族学』第16号が届いた頃かと思います。皆さんの協力のもと、本年度もこのように刊行できますこと、厚くお礼申し上げます。

 北海道民族学会のHPに、『北海道民族学』第16号の目次を掲載しました。また、北海道民族学会では、論文掲載後1年が経過すると、学術促進のため論文を公開することになっています。第15号に掲載された論文が、無料でダウンロードできるようになっています。

http://hes.official.jp/index.php/info10/kaishi   今一度、ご確認下さい。

 

 『北海道民族学』は、皆さんからの投稿、そして、投稿原稿を査読する会員からの支援により刊行を続けることができています。今後とも『北海道民族学』を持続的に刊行していけるよう、皆さんからの論文の更なる投稿をお待ちしております。ぜひ、興味深い学術成果、世に問いたい主張を投稿下さい。研究途上や資 料的な論文も、研究ノートとして投稿することができます。会員の皆さんの研究進展の一助に、『北海道民族学』をご利用頂ければと思います。

 

 査読制度につきましては、投稿された論文に対して、より専門分野が近く、より適切な会員に査読者になって頂いてきました。小さな学会ですので、なかなか査読者を選定することに苦労してきたのが実情です。そこで、学会として査読制度を整えるため、会員の皆さんの専門性を整理しているところです。今後、学会から皆さんに専門分野の問い合わせや査読依頼が届くかもしれません。その際は、どうかご協力頂きますよう、ここに切にお願いいたします。

 

  また、現在、査読倫理の指針(またはガイドライン)についても学会として検討しているところです。我々の研究生活を思い返しますと、査読を通して、鋭いコメントや新たなる視点を受けることによって、多いに成長させられてきました。北海道民族学会も、この査読のやり取りを大切にし、学会員間の切磋琢磨を尊重してきました。しかし、査読は時として、厳しすぎる指摘や要望により、投稿者を圧迫してしまいます。これは、査読の意図するところではございません。そこで、査読倫理の指針を整える必要があると考え、現在、その準備を進めております。指針が整いましたら、学会HPで公開いたしますので、ご参照頂ければ幸いです。

 

 今後とも、『北海道民族学』への投稿、研究会への参加、北海道民族学会の運営について、ご協力とご支援を頂きますよう、お願い申し上げます。

 

北海道民族学会

会長 平田 昌弘

 

 日頃より、北海道民族学会の活動にご支援、ご協力をいただき誠にありがとうございます。

 さて、2020年度第1回研究会の発表を募集しておりましたが、申込が少数のため、申込期間を4月30日(木)まで延長いたします。会員の皆様方の積極的なご参加・ご発表をお待ちしております。

※新型コロナウイルスの感染拡大により、様々な催しが中止になっております。現時点で当学会の研究会・総会は、予定どおり実施する方向で準備を進めておりますが、今後の状況によっては延期や中止になる可能性もあります。予定が変更になった場合は速やかにお知らせしますので、ご了承ください。

■開催日時:2020年6月13日(土) 13:30~16:30(予定)

■会場:北海学園大学・豊平キャンパス(教室未定)

(〒062-8605 札幌市豊平区旭町4丁目1-40)

・地下鉄東豊線「学園前」駅下車、3番出口直結

https://www.hgu.jp/about/toyohira-campus.html

■研究発表の募集

研究発表ご希望の方は、発表題目と要旨(200字程度)を添えて、学会事務局(下記)までE-mail<このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。>;、郵便のいずれかでご連絡願います。郵便の場合は必ず表面に「北海道民族学会事務局」(中田篤宛)を明記してください。

〈締切:2020年4月30日(木)17:00〉

・発表時間は質疑応答を含め、一人30分程度が目安です(発表者数により増減することがあります)。

・発表希望者が多数の場合は事務局で検討し、人数を調整することがあります。その際、初めて発表される方、前回・前々回発表されていない方を優先することがありますので、ご了承願います。

*発表を希望する方は、2020年度の学会費(3000円)を納入していることが条件となります。

会費の納入につきまして、詳細は学会ホームページ(http://hes.official.jp/index.php)より「会費」にお進みください。

発表者決定後、研究発表の順番・時間を正式に決定し、後日改めてお知らせいたします。

--

北海道民族学会事務局(中田 篤)

〒093-0042 網走市字潮見309-1

北海道立北方民族博物館 気付

E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

学会HP: http://hes.official.jp/index.php

北海道博物館では、下記の分野を専門とする職員2名を募集しています。

対象とする分野

(1)地学(古地理) 1名

(2)アイヌ語    1名

詳細は北海道博物館のウェブサイトをご覧ください。

http://www.hm.pref.hokkaido.lg.jp/post/news/detail13301/

 日頃より、北海道民族学会の活動にご支援、ご協力をいただき誠にありがとうございます。

 さて、2020年度第1回研究会・総会を下記の日時・会場で行うこととなりました。つきましては、当日の研究発表を募集いたします。会員の皆様方の積極的なご参加・ご発表をお待ちしております。

※新型コロナウイルスの感染拡大により、様々な催しが中止になっております。現時点で当学会の研究会・総会は、予定どおり実施する方向で準備を進めておりますが、今後の状況によっては延期や中止になる可能性もあります。予定が変更になった場合は速やかにお知らせしますので、ご了承ください。

■開催日時:2020年6月13日(土) 13:30~16:30(予定)

■会場:北海学園大学・豊平キャンパス(教室未定)

(〒062-8605 札幌市豊平区旭町4丁目1-40)

・地下鉄東豊線「学園前」駅下車、3番出口直結

https://www.hgu.jp/about/toyohira-campus.html

 

■研究発表の募集

研究発表ご希望の方は、発表題目と要旨(200字程度)を添えて、学会事務局(下記)までE-mail<このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。;、郵便のいずれかでご連絡願います。郵便の場合は必ず表面に「北海道民族学会事務局」(中田篤宛)を明記してください。

〈締切:2020年4月14日(火)17:00〉

・発表時間は質疑応答を含め、一人30分程度が目安です(発表者数により増減することがあります)。

・発表希望者が多数の場合は事務局で検討し、人数を調整することがあります。その際、初めて発表される方、前回・前々回発表されていない方を優先することがありますので、ご了承願います。

 

*発表を希望する方は、2020年度の学会費(3000円)を納入していることが条件となります。

会費の納入につきまして、詳細は学会ホームページ(http://hes.official.jp/index.php)より「会費」にお進みください。

 

発表者決定後、研究発表の順番・時間を正式に決定し、後日改めてお知らせいたします。

 

--

北海道民族学会事務局(中田 篤)

〒093-0042 網走市字潮見309-1

北海道立北方民族博物館 気付

E-mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

学会HP: http://hes.official.jp/index.php

→ 終了しました

 

北海道民族学会の皆様

 

第1回北海道民族学会・日本文化人類学会北海道地区研究懇談会 卒論・修論・博論合同発表会が下記の通り開催されることとなりました。

今回の合同発表会の開催に至るまで、皆さんから多くのご提案とご支援とを頂きました。ここに改めてお礼申し上げます。

会員の皆様方の積極的なご参加をお待ちしております。

 

北海道民族学会

会長 平田 昌弘

 

*************************************

第1回北海道民族学会・日本文化人類学会北海道地区研究懇談会 卒論・修論・博論合同発表会

共催:北海道民族学会、日本文化人類学会北海道地区研究懇談会

日時:2020年2月8日(土)11:00~18:40

会場:北海道大学 人文社会科学総合教育研究棟(W棟)202教室

アクセス:https://www.hokudai.ac.jp/bureau/property/hss/access/

プログラム:

11:00~11:10               挨拶・趣旨説明

11:15~12:00   近藤 祉秋(北海道大学アイヌ・先住民研究センター)

            「内陸アラスカにおける生業・宗教・生存の人類学的研究」(博士論文)

12:00~13:00               昼食

13:00~13:30   泉 友花(北海道大学文学部)

            「化石採りのエスノグラフィー ― 北海道地域の化石採りにおける所有概念の分析 ―」(卒業論文)

13:35~14:05   千葉 美冴子(北海道大学文学部)

            「動物園の「動物」たち」(卒業論文)

14:10~14:40   中島 朱里(北星学園学園大学短期大学部)

            「札幌市におけるローカルな生活・産業史跡の保存のあり方―白石区の住居地域を例に―」(卒業論文)

14:45~15:15   蟬塚 咲衣(北海学園大学人文学部)

    「奥尻島青苗言代主神社例祭が直面している課題―北海道南西沖地震と人口減少社会への対応を中心に―」(卒業論文)

15:15~15:30               休憩

15:30~16:00   酒井 マナ(北海道大学大学院文学研究科)

            「日本におけるイスラエル・ディアスポラ―4人のライフストーリーをもとに―」(修士論文)

16:05~16:35   陳 亦欣(北海道大学大学院文学研究科)

            「知床の世界遺産登録のプロセスと先住民族」(修士論文)

16:40~17:10   宓 婷梅(北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院)

            「現代仏教における「女らしさ」に関する一考察−仏教系新聞『人間福報』を中心に」(修士論文)

17:15~17:45   澤井 啓(北海道大学大学院文学研究科)

             「インドネシア共和国カリマンタン島における希少種保全に向けた課題:ヤマアラシ・センザンコウ猟のケニャ族社会における重要性に着目して」(修士論文)

17:50~18:35   梅木 佳代(北海道大学大学院文学研究科)

            「エゾオオカミをめぐる歴史と文化 : 日本における研究史およびオオカミ観形成過程の検討」(博士論文)

18:35~18:40               閉会挨拶

備考:

           終了後、北海道大学総合博物館(1階)にて懇親会を開催します。

 

問い合わせ先:

北海道民族学会・日本文化人類学会北海道地区研究懇談会 卒論・修論・博論合同発表会 事務局

山崎 幸治(北海道大学)

E-mail: godohappyougimukyoku[at]gmail.com(@を[at]に置き換えています)

*************************************